ミリオンストック投資顧問の評判に関する真相に迫ります!

意外と知らない?投資信託と投資顧問の違いを解説!

意外と知らない?投資信託と投資顧問の違いを解説!投資信託とは、株や不動産といった複数の投資商品で資産運用に取り組んでいる会社が運営するファンドにお金を投資することです。よって、金融商品のことを指しています。ゆえに、投資したからにはファンドの運用会社のパフォーマンス次第で損益が決まるわけで、運用会社の結果にすべてが委ねられます。運用主体は自分にはないのが特徴です。投資信託の場合、月額500円から投資できる商品があることから、誰でも簡単に始められる投資といえます。

判断力がカギになる投資顧問

投資顧問とは、金融商品ではなく投資に関するサポートを行う会社です。投資のアドバイスを行ったり投資サービスの仲介をしたり、資産運用を行う会社でもあります。ただ、投資顧問で行われている約8割が推奨銘柄のアドバイスといった助言業務になるので、投資に関するアドバイザーとしてとらえておいて問題ないでしょう。投資顧問の場合、月額約2万円からの投資になるものの、運用主体は自分自身のために運用する面白さを味わえるのが魅力といえます。

投資信託と投資顧問はどちらがお得なのか

投資信託と投資顧問では、運用主体や契約元、初期資金額が違います。それと同じように見込まれる利益率にも大きな違いがあります。投資信託の場合、一般的な利回りは3%ほどであるのに対し、投資顧問の場合は30~300%ほどです。これだけ違うと嘘のようにも感じてしまうかもしれませんが、多くの投資顧問では毎月5%~10%の利幅を狙って商品のアドバイスを行っています。その商品の売買を繰り返していけば、おのずと1年間で数十パーセント、それ以上が狙えてしまうという仕組みなのです。

運用主体が自分にある投資顧問では、大きく儲かる可能性がある反面大きく損をする可能性とも背中合わせです。年間の顧問料をケチらずに大きく運用していけば、投資信託の数十倍以上まで水準をあげることも不可能ではありません。年間3%ほどの利回りに加えて1~2%の手数料を払うより、投資顧問を上手く利用して協力を要請し、投資の後押しをしてもらえれば初心者でも安心です。投資信託と投資顧問で悩んだときは、自分で運用したいのか、運用資金をどれくらい増やしたいのかをよく考えてみましょう。

100万円を投資した場合、投資信託では1年後に103万円まで増やせる可能性があります。そして、投資顧問では130~300万円まで増やせてしまうかもしれないから驚きです。どちらを利用するのがより良い資産運用につながるのかを理解したうえで、自分に合った投資方法を選んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事